本と用紙

対策や心構え

本格的に説明会が始まる前にインターンシップなどに積極的に参加し本当に自分がしたいことはなにかと考えます。
自己分析の方法としてはまず、今まで自分が頑張ったことや困難に対してどう考え行動していたのかを考えます。
次に10年後自分がこの会社でどうなっていたいのかを想像し、一度紙に書きだしてみます。
その書き出した文章を添削しきちんとした文章にしてみます。
ほとんどに人はこの段階でエントリーシートを書いてしまいますが、ここで第3者に見てもらい文章からその時の状況や気持ちが浮かんでくるかを判断してもらいます。

この第3ン者に見てもらうという作業が重要です。
就活をしていく上で一番大切なことは自分をよく理解し、相手に伝えることです。
そのため多くの人に添削をしてもらいましょう。
この自己分析をして相手に伝えるという練習が、面接対策としても役に立ちます。

ペンで記入中

就活のテクニック

就活では自己分析、企業研究、エントリーシートの添削、面接対策など多くのことをしなくてはいけません。
しかし説明会の参加、エントリーシートの提出、面接といったように就活には大変な労力や時間を要します。
求人倍率は1以上あるものの、エントリーシートを何枚も書き、何社も応募している学生がほとんどです。

1枚エントリーシートを書くのに要する時間は2時間近くかかってしまい、その上、添削を繰り返し文章をまとめていかなくてはいけません。
しかし、エントリーシートの質問項目は企業間で同じものも多く、一度しっかりと考えておくと1枚の作成時間を短縮することもできるようになります。
就活を成功させる秘訣は自己分析をしっかりと行うことです。

悩む女性

添削の大切さとは

就活を行う場合、ほとんどの人が通過しなければならないステップがエントリーシートを記入するということになります。
エントリーシートや履歴書、場合によっては小論文など就職活動を行っていくうえでは様々な書類を記入しなければならないというケースも多くあるのです。
実際にエントリーシートに記入をするという場合であれば、添削を利用するということも大切なことになります。
自分の文章を人に読まれるのは恥ずかしいという人もいますが、企業に提出する時点で必ず人に読まれることになります。
だからこそ、企業に提出する前に、自分の書類の内容を添削してもらうことに意味があるのです。
就活の際に添削してもらう相手には、様々な候補があげられます。

身近な人に読んでもらうということも選択肢の一つですし、大学などであればキャリアセンターなどのスタッフに添削してもらうという方法もあります。
また就活のサポートを行っている様々な企業に自分のエントリーシートをチェックしてもらうという選択肢もあるのです。
このように自分のエントリーシートを読んでもらうことによって、魅力的な内容となっているのかチェックしてもらうことができます。
就活の書類提出では、書類の内容で次のステップに進むことができるのか決まります。
だからこそ、自分をアピールすることができる魅力的なエントリーシートとなっているのかということがポイントとなるのです。
魅力的な内容かチェックしてもらうためにも、添削を活用することが大切なことになるのです。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年9月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930